競馬


人気ブログランキングへ




今週の天皇賞は菊花賞・秋華賞と同様に、『倍額勝負指定レース』となります。
昨年は→天皇賞秋的中!32万5000円の払い戻

現在2週連続のG1倍額勝負連続的中!
先週は倍額勝負レース『秋華賞』的中!
菊花賞11750円的中!



有料情報お申し込み先

http://blog.livedoor.jp/kkkmam/からブログを移転しました。

日曜日の結果
京都11レース


菊花賞

3エピファネイア
前走は神戸新聞杯阪で1着。
神2400mの舞台で求められるのは『折り合い』。
道中は中団で少し行きたがる面は見せていましたが、コントロールはしっかりできていたように思えます。

4コーナーでは軽く仕掛けただけで外から押し上げて行き、13.0 - 12.0 - 11.1 - 10.8 - 12.6のラップ推移で最速地点の直線序盤できっちりと突き抜けました。
他馬がペースアップに苦しむ中、エピファネイアはこちらは抑えているスピードを解放させるだけで一気にトップスピードに乗せてギアチェンジ能力の違いを見せつけました。
このペースアップ能力と、トップスピードの高さは極めて非凡で、総合力なら古馬と戦っても通用します。

総合力タイプだけに、ポテンシャル勝負となった弥生賞では甘くなってしまい、基礎スピード特化戦の皐月賞でもロゴタイプに完敗。
ダービーではポテンシャル特化戦でキズナに突き抜けられる競馬となってしまいました。
総合力の高さは確かですが、この世代のスペシャリスト達には見劣ってきたのも事実。
ただ、相手の質が落ちればこの馬の独壇場です。

現に神戸新聞杯では1頭違う競馬になっており、キズナもロゴタイプも不在のここは特化戦になっても負けません。
総合力勝負になれば尚更今回のメンバーでエピファネイアに太刀打ち出来る馬は見当たりません。


当然、今回はダントツの1番人気となりますが、淀の3000mでは大きな死角があります。
折り合い重視のため、前に馬を置かなければならないため、位置取りは自然と後方になります。
今年のメンバーは追い込み馬が多く・・・この先は会員様へ公開させていただきました。


4




会員様情報で3連単1万1750円的中!





菊花賞の回顧
勝ち馬エピファネイア

パドックでは目を剥いていましたが、返し馬の時点ではスムーズでした。
好スタートを切ってそのまま外に出して逃げ馬のネコを行かせて3番手からの競馬。
1周目の3コーナー下りで掛かり気味になってまい、逃げ馬バンデの直後で何とか折り合わせようとすると、直線途中で逃げ2頭がペースをじわっと引き上げてくれたため、スタンド前では落ち着くことができました。
2周目3コーナーでは下がったネコタイショウを交わして単独2番手で最内をいつでも捕えられる手応えで追走し、4コーナーでもまだ持ったままで、バンデを遊ばせて直線へ入ると一気に出し抜いて先頭に立つとあとは後続をグングン突き放す圧勝となりました。

道中であれだけ掛かった中で、緩急に対応しながら最後までバテずに5馬身の差をつけたのは、非凡なポテンシャルの証明で、これまでとは全く違うレース内容で勝ったことは大きく、天皇賞秋でも好走できたとは思わせるほどのパフォーマンスでした。

今のこの馬ならジャパンカップよりも有馬記念の方が面白いかもしれません。
序盤折り合って、向こう正面の下りでペースアップする流れを平均的に立ち回る競馬で今回同様2列目からの競馬になれば、父を彷彿させるような突き抜けのイメージがあります。


菊花賞出走馬で次走注目の1頭
出負け気味のスタートから無理せず中団ぐらいで競馬を進めて行った1頭。
3コーナーの下りでも思ったほどかからずに進めましたが、1周目の直線で中団やや後方で進めて1~2コーナーへ。
うまく脚をためて3~4コーナーで外々から押し上げながら中団で直線へ入ると直線序盤で外目からジリジリ伸びるも脚が上がってしまい前と脚色同じになり最後は完敗。
切れるタイプではないため、良馬場で走っていればもっと詰めていたのは明らかで、一気の距離延長で、3~4コーナーで動いてこの結果なら上位陣とそれほど遜色ない競馬だったと言えます。
3~4コーナーからペースが上がっている中で、外を回すのは不利な流れでしたが、流石に2着争いの2頭とは多少差は有りますが、上手く立ち回った3着以下の馬とはそんなに差はありません。
この競馬で距離に目途が立ち、要所で押し上げて行けるだけのトップスピードも見せていました。、
ラップ的には、最速地点で動いたという点は大きく評価できる材料で。次走が楽しみな1頭です。



↓菊花賞出走馬で次走注目の1頭を公開中

人気ブログランキングへ




土曜日の結果
東京11レース

6サンレイレーザー
2走前のマイラーズC時は、Pコースで1番時計を出すほど充実しており、レースでは行き脚がつかなかったものの、脚を溜めて後方から大外追走。
勝ち馬の後を追うような位置取りで脚を使わず11.7 - 11.5 - 12.1 - 11.5 - 11.7の流れをコーナーの途中で外から押し上げる展開となりました。
ここで押し上げていた分、直線でトップスピードに乗せやすい展開となりダノンシャークにアタマ差先着しての2着となりました。
ダノンシャークの方が内容的には強い競馬をしていましたが、スタートで後手を踏まなければ勝っていた可能性が高い1戦でした。

この馬の持ち味はトップスピードとギアチェンジで、前走のエプソムCではスローの競馬を枠なりに内の4番手から進み、クラレントの直後につけて12.1-12.0-11.2-11.5の流れで直線ではしっかり反応して3着。
ベストとは言えない距離だったため、完璧なコース取りでしたが力を出し切っての3着となりました。

トップスピード戦や急なペースアップにも置かれないという点がこの馬の武器であり、スピード面ではマイラーズCで目途を立てて・・・この先は会員様情報で公開させていただきました。


12リアルインパクト(会員様専用情報)
今年はここ3戦では11,8,12着見せ場なしの1頭。
3走前の東京新聞杯ではスローから11.8 - 11.2 - 11.0 - 11.3とギアチェンジとトップスピードが要求される競馬となりましたが、ある程度厳しい競馬でこそ良さが出る馬ながらも、序盤からジリジリ下がって最後まで全く伸びませんでした。
前奏のダービー卿ではそこそこのハイペースを好位で追走し、11.2 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 11.8の流れで好位から4コーナーで置かれ出す展開で、最後まで盛り返すことが出来ませんでした。
3~4コーナーで外を回す厳しい競馬にはなっていますが、昨年の安田、毎日王冠や勝った安田からも厳しい流れで厳しい競馬になっても対応できていましたが、全く抵抗しきれなかったのはデキが戻りきっていなかったためです。

春の段階では馬の状態を戻すためにソフトに仕上げられていました。
この中間は休み明けでもかなり追い切りの内容が良化しており、春に状態回復を優先した仕上げをされた効果が見られます。

得意の東京コースだけに、今回は一変の可能性があり、妙味ある1頭となります。


会員様情報で馬単5930円的中!

55






↓菊花賞出走馬で次走注目の1頭を公開中

人気ブログランキングへ






有料情報お申し込み先

過去のメインレース情報

過去のメインレース結果








競馬に精通した有名予想家の予想や買い目が
もし完全無料で見れるとしたら!?


「そんなオイシイ話、あるわけないでしょ」


いいえ!現実にココにあります!


根拠ある情報に買い目が付いた、
毎週の競馬に欠かせないマストアイテム!


この凄さはひと言では語れませんが、
ひと目でわかります!


まずはとにかく見てみてください!


■完全無料なのに何故か当たる競馬情報サイト
http://www.hicchu.net/tekichu/kuriyama/?ad_id=1304


これまで、下記のような情報サイトに
惑わされた経験はありませんか?



・今ならお試し○ヶ月○万円で的中率○%!
・先着○名様限定!お急ぎください!
・競馬関係者からの内部情報公開!
・万馬券の嵐!的中量産法!



確かにこういった宣伝通りに
馬券を獲得出来たら素晴らしい事ですね。


しかしこのような情報に
どういった『根拠』があるでしょうか。



競馬情報を扱う大抵の会社は、
何の根拠もない情報を送ってくるところがほとんどです。



しかし!



もう根拠もない買い目情報を
受け取るだけの一方通行情報はもう古い!



『根拠ある情報』を得るだけで
貴方の的中・回収率は飛躍的にUPします!



そんな知って得する情報を、
半永久的に完全無料でお届けします!


「これ以上的中は要らない!」って思ったら退会してください(笑)


■完全無料で当たる情報が嫌になるまで欲しい方はコチラから
http://www.hicchu.net/tekichu/kuriyama/?ad_id=1304


栗山バナー200×200