競馬



日曜日の結果

中京11レース
高松宮記念

16レステンシア

今年は道悪の可能性が高いため、重馬場で踏ん張った桜花賞の内容を評価します。

桜花賞は17番枠からまずまずのスタートを切り、外枠でしたが内のスマイルカナに対してしっかりとついて行って激流に乗っていく格好となり、3~4角でもスマイルカナに対して常にマークする形で先に手が動いて直線に入りました。

直線序盤でスマイルカナとの叩き合いとなりましたが、スマイルカナを捕えて堂々先頭に立つとL1でスマイルカナを振り切ったところに外からデアリングタクトが突っ込んできての1馬身半差2着。

前走の阪急杯は阪神の1400m戦で良馬場となり、ペースは平均で収まりましたが中盤で少し緩みがあり、そこからのL2最速10.8はかなりのインパクトがありました。

L1は11.8で減速度合いは大きい方ですが、1200通過が1:07.4ということを踏まえても質的には足りていると言えます。

しかも流れた中で鋭く反応できている点も優にクリアしてきているため、これなら1200mが楽しみといえる内容だったと言えます。


9インディチャンプ

19年の春の安田記念・秋のマイルCSを制して最優秀短距離馬に選出された同馬。

この年の安田記念は1:30.9という非常に時計の速い馬場レベルだったのに対し、マイルCSは1:33.0で重い芝のレースとなっていました。

馬場レベルがここまで異なっても結果を出したというのは高い距離適性を示すもので、同一年での両レース連勝はモーリス以来7頭目の快挙となりました。

19年の安田記念は内目を通った馬が有利な馬場レベルで、アーモンドアイとダノンプレミアムはスタート直後に3馬身程度の大きな不利があった中での微差の勝利となりましたが、マイルCSはスムーズに運んだダノンプレミアムに0.2秒差を付けての文句無しの快勝となりました。

昨年緒戦となった中山記念はコンマ4秒差の4着止まりでしたが、1800mで58キロを背負ってのもので、先着を許したダノンキングリー、ラッキーライラックは大阪杯で『3』・『1』着と好走しているだけに、悲観するような敗戦ではありません。

また、マイラーズCは最終追い切りから状態面の不安も囁かれていましたが、他馬より重い58キロを背負いながら圧倒的なパフォーマンスで復活の勝利を遂げており、6歳でもまだ衰えは見せていません。


会員様情報では馬連・ワイド各1点指示となり、ワイド的中で31万5000円の払い戻しとなりました。


53









土曜日の結果
阪神11レース

毎日杯

6シャフリヤール
前走の共同通信杯はかなり極端で4秒近い超スローからのL2最速で10.8と坂の登りでのギアチェンジも求められてのトップスピード戦となっていました。
エフフォーリアに切れ負けしたのは仕方ありませんが、ヴィクティファルスに対してもL2でジリジリとしか詰められなかった点は不満が残ります。
また、4角地点で外から動く形だったためにL1まで伸びてきた点は評価できますが、L3の加速の地点で伸び始めが遅かったのは気になる材料と言えます。
この馬はギアチェンジが得意なタイプではないイメージがあり、トップスピードの質的にはそこまでではありませんが、L1で最後まで伸びてきていたという点の評価は必要で、2着のヴィクティファルスが展開が違うとはいえスプリングSを制しているというのも無視はできない材料と言えます。
ロングスプリント的な競馬になればグレートマジシャンの方が上位評価となりますが、チャンスがあるとすればグレートマジシャンが出負けから中弛みに巻き込まれてこちらが外からスムーズに進めて直線で早めに先頭に立つような展開です。
グレートマジシャンは前半部分に不安を抱えている馬だけに相手がミスをすればチャンスは大きくなり、そこまでスパッと切れる馬も見当たらないだけに前半部分を詰めて勝ちに行く競馬をすれば上位を狙える存在と言えます。

会員様にはシャフリヤール1着固定、グレートマジシャン2着固定の3連単25.5倍的中となりました。

15







中山11レース

日経賞

7カレンブーケドール
適性的に見て、超スローになったとしてもオールカマーのようにタフな馬場で速いラップを連続して踏ん張る事が可能で、あの形でもステイフーリッシュは要所で引き離した上でL1もほとんど寄せ付けませんでした。

有馬記念は平均ペースで中弛みからのポテンシャル戦でワールドプレミアには難しい形から最後に差し込まれてしまったため、こういう競馬になったときに厄介なのがワールドプレミアとなります。

この馬の場合は2段階加速の形の方が今回のメンバー構成だと勝ち切るチャンスは大きいと言え、松山騎手に替わる点も好材料と言えます。

本質的にはある程度軽い馬場の方が合っているイメージがありますが、ポテンシャル戦でも大きく崩れない上に2段階加速ができる点は大きな武器と言えます。

オールカマーもタフな馬場で極端なスローから12.5 - 11.6 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 12.2と仕掛けが早い中でも速いラップを踏む形でL2の地点まで良い脚を見せており、L1で甘くなったところをセンテリュオに交わされましたが、この競馬ができるならスローからの2段階加速、ポテンシャル勝負の両面で高いレベルで戦えるタイプと言えます。

ワールドプレミアが内枠に入ったため、前を取って仕掛けを待てるカレンブーケドールの方が上位評価と言え、道悪でも問題ないタイプだけに不安が少ない1頭と言えます。

会員様にはカレンブーケドールからの馬連2点指示で10倍的中となりました。

404







★お申込方法



2020年春のG1レース結果 12戦5勝

ホープフルステークス 2点指示で13万6500円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1078360057.html


阪神JF 172.6倍的中

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-12-13.html


チャンピオンズカップ 20万馬券的中で206万円獲得

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-12-06.html


ジャパンカップ 13.4倍的中

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-11-29.html


天皇賞・秋 41.3倍的中

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-11-01.html




★お申込方法


2020年春のG1レース結果 11戦7勝


大阪杯 36万6300円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-04-05.html

桜花賞 11.1倍的中
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-04-12.html

天皇賞・春 76万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-05-03.html

NHKマイルカップ 123万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-05-10.html

ヴィクトリアマイル 23万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-05-17.html

ダービー 35万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-05-31.html

安田記念 27万3000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-06-07.html




★お申込方法

2019年秋のG1レースは12戦8勝+トリガミ2つで10戦的中!
334万9110円獲得

ホープフルS11万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-12-28.html

有馬記念20万9300円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-12-23.html

朝日杯FS28万5000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-12-16.html

チャンピオンズカップ35万9200円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-12-02.html

ジャパンカップ96万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-24.html

マイルCS25万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-17.html

エリザベス女王杯67万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-10.html

菊花賞2万3510円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-10-20.html

秋華賞43万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-10-14.html

スプリンターズS3万400円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-09-29.html


★お申込方法
2018年のG1レース結果  22戦12勝

ホープフルステークス 的中 21万4600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069400602.html

有馬記念 的中 63万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069339177.htm

朝日杯FS 的中 38万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069239473.html

チャンピオンズカップ 的中 144万9000円獲得(5倍額勝負レース)
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069037853.html

ジャパンカップ 的中 14万1600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 的中 14万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-29.html

菊花賞 的中 23万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-22.html

秋華賞 的中 15万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-15.html

スプリンターズS 的中 3万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 的中 20万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル 的中 91万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-14.html

天皇賞・春 的中 馬連・3連単ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-04-30.html

2017年のG1レースは累計459万2000円獲得となりました。


★お申込方法

2016年秋のGⅠレースは11戦6勝
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234222.html
勝率55%、回収率551%

2015年の秋のGⅠレースは、11戦5勝で純利益約100万円となりました。
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1181954.html

2015年の特別勝負週の平場からの勝負レースは19戦13勝
(回収率500%で払い戻し合計約280万円となっています。)
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234795.html

2014年のG1レース結果
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1017397826.html