競馬



旧ブログはコチラ↓
http://blog.livedoor.jp/kkk


日曜日のメインレース情報
東京10レース

日本ダービー
このレースはとにかく内枠が有利なレースで、昨年までは4年連続1枠の馬が馬券に絡んでおり、昨年も1枠ではないとは言えスワーヴリチャードが内枠から絶妙に立ち回って2着となりました。
過去10年で見ても、4番枠以内の馬が13頭馬券になっており、人気面でも1,2,7,10,1,8,3,12,5,3,1,3人気と穴馬も好走しています。
絶好のコンディションの馬場で行われる2400m戦だけに、内枠で上手く立ち回れる点は非常に大きなアドバンテージと言えます。

ローテーションで見ると、基本的には皐月賞組が断然有利で、過去10年で見ても皐月賞組が1頭も馬券に絡まなかった年はありません。
ただ、今年に関していえば皐月賞のレベルが低く、別路線にメンバーがばらけた上に皐月賞が超特殊なレースになった事で皐月賞組をどこまで評価できるかは微妙です。

2タイムフライヤー
高速馬場でまともな流れになった若葉Sが低調なメンバー構成の中で結果を出せず、前哨戦で内有利の馬場でもあり、勝ち負けまではともかくL1で流石というところを見せられなかったのは評価できません。

6ゴーフォザサミット
前走の青葉賞はL2の地点では外に出すのに少しモタついて1馬身半~2馬身弱ほど先頭との差がありましたが、これを11.1で捕らえてきての勝利。
ここは10秒台に入ってきている可能性が高く、評価すべき点はL1で最後まで伸びてきた場面で、トップスピードの質と持続力の高さを見せてきました。
それをある程度流れた中で引きだせたという点は好材料で、これまでのレースが嘘のようなレース運びを見せました。
ダービーではおそらくもう1秒ぐらいは速いペースになる可能性が高く、そこでどれだけポジションを取れるか、速い流れでついて行って前走の脚を使えるかが焦点となります。

15ステルヴィオ
皐月賞は前の馬が飛ばしただけで、実質的にスローの流れの中で後ろ過ぎたのが最大の敗因です。
また、仕掛けが遅くなったのも大きく、力の要る馬場になったのでトップスピード面をあまり問われない展開になったのも響き、悪い条件が重なりました。この馬はトップスピードに乗り切ってからスピードを維持する競馬が合っているタイプだけに、皐月賞は力の要る馬場の1周コースという適性外のレースで4着なら悲観する内容ではありません。
今回は距離だけが不安材料ですが、それ以外は条件が好転します。

17ワグネリアン
理想はトップスピード持続を出し切ってのバテ差しで、弥生賞は力の要る馬場で11.0を詰められなかったことからも高速馬場なら10秒代後半までしか期待できません。
今回はトップスピードの質的にはワグネリアンより上の馬が多く存在しますが、弥生賞でも見せたようにトップスピード持続力は高く、エンジンがかかってからそれを維持するのは強みと言えます。
皐月賞は馬場も渋って全体の仕掛けが遅かったのもあるのでエンジンのかかりの悪さが出てしまいましたが、もともとダービー向きのタイプだっただけに、前走で評価が下がる今回は妙味ある1頭と言えます。


この他の有力馬情報は会員様情報で公開中です。


土曜日のメインレース情報
京都11レース

14トゥラヴェスーラ

瞬間的な足よりも長くトップスピードを維持できるタイプの馬で、前走の500万下勝ちはコーナーで少し減速していましたが、11.2-11.4とある程度速いラップを維持している中で好位の外の動きに合わせて
勝負に行って最後まで良い脚を維持して突き抜けました。
1200m戦も2戦目でゲートも五分に出ており、しっかりと平均の流れに乗れたのは好材料です。
2走前の小倉1200m戦では内を通った馬に有利な馬場状態でもL1で大外一気で突っ込んで来ての2着。
今回の京都1200m戦なら3角の上り下りがあるので純粋なスプリント戦にはなりにくく、外を回すロスがあってもこの2戦で見せた後半のトップスピード持続力は魅力のある武器と言えます。

京都1200m戦は基本的に内、先行馬が有利な舞台となっており、その理由は登り坂スタートで前半はスピード戦になりにくく先行馬が余力を持って直線に入れる点と、要所の下り坂で惰性をつけて直線に入り、平坦の直線で粘り切れるためです。
葵ステークスの過去10年の成績を見ても、3番枠以内の馬は13,5,1,1,14,9,10,4,10,2,6番人気が馬券に絡んでおり、3番枠以内の先行馬はかなり大きなアドバンテージが生じています。



14トゥラヴェスーラが2着同着となり、3連単1387.8倍、1249.4倍ダブル的中となりました。

260






↓日曜日の登録受け付け中です。
有料情報お申し込み先





2017年のG1レース結果  22戦12勝

ホープフルステークス 的中 21万4600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069400602.html

有馬記念 的中 63万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069339177.htm

朝日杯FS 的中 38万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069239473.html

チャンピオンズカップ 的中 144万9000円獲得(5倍額勝負レース)
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069037853.html

ジャパンカップ 的中 14万1600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 的中 14万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-29.html

菊花賞 的中 23万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-22.html

秋華賞 的中 15万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-15.html

スプリンターズS 的中 3万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 的中 20万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル 的中 91万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-14.html

天皇賞・春 的中 馬連・3連単ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-04-30.html

2017年のG1レースは累計459万2000円獲得となりました。


2016年秋のGⅠレースは11戦6勝
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234222.html
勝率55%、回収率551%

2015年の秋のGⅠレースは、11戦5勝で純利益約100万円となりました。
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1181954.html

2015年の特別勝負週の平場からの勝負レースは19戦13勝
(回収率500%で払い戻し合計約280万円となっています。)
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234795.html