競馬


http://blog.livedoor.jp/kkkmam/からブログを移転しました。


中山11レース
中山記念

過去10年のデータ解析

連対19頭の前走が重賞に使われており、掲示板外から巻き返して連対した馬が10頭おり、前走着順は不問。

連対17頭に芝1800メートルで勝利実績あり。
また、20頭中17頭に芝マイル以下で優勝歴がありました。
これは開幕週で高速決着になりやすいため、マイルでも通用するスピードがあれば優位に立てます。

連対20頭中、16頭が芝の重賞勝ち実績があり、うち14頭が芝1800メートル以上で重賞勝ち実績あり。
重賞未勝利だった4頭中3頭にはコーナー4回の芝1800メートル~2000メートルの重賞で3着以内の実績がありました。

7歳以上の優勝馬は4頭いますが、いずれもこのレースで連対実績があったリピーター。
好走歴がある馬は高齢でも割引は必要ありません。
『中緩みが無い』という特徴があるレースだけに、このレース特有のラップ適性が合っている馬がリピーターとなります。
蒸気を除く7歳以上は【0・1・1・33】と不振です。

データ的にはイスラボニータ。
中山芝内回りで皐月賞勝ちの実績があり、芝1800メートルは重賞で2戦2勝。
全ての項目を高水準でクリアしています。



データ以外で注目したい1頭
11ステファノス
セントライト記念は馬場の悪い所で脚を取られてしまい、その瞬間に手応えが急に悪くなってしまい4着。
レース序盤の先行争いで窮屈になり後方に下がってしまい、平均ペースで12.0 - 12.1 - 12.3 - 11.6 - 12.1とL3で緩んでL2で再加速するという競馬でギアチェンジを少し要求される流れ。
イスラボニータが出し抜くと競馬になった中で、後方馬群の内目で前を捌けず、直線を向いて加速の段階でタガノグランパの直後の進路は取れて、そこから強襲するも4着まで。
着差を考えても2着はあったレースで、エンジンを掛け切れない展開になってしまいポジションも良くありませんでした。

このレースではイスラボニータの競馬になっており、その中で動き出せなかったことを考えるとこの内容は悲観するものではありません。
トゥザワールド相手にここまでやれたという点で大きく評価できます。

皐月賞ではややスローでのL3最速戦でレース全体の仕掛けのタイミングが早い競馬。
その中で中団馬群からイスラボニータを見ながら向正面で進めながら、3~4コーナーではイスラボニータの直後に進路を上手く取れていました。
L1で詰められなかった点が不満でしたが、セントライト記念での脚色を見ると皐月賞時から対イスラボニータという観点でもパフォーマンスを上げてきいますが、少なくともこの段階ではイスラボニータにポテンシャル勝負でも見劣っていたように思えます。
対イスラボニータでは総合力では見劣りますが、トップスピードの持続戦なら2キロ差を生かして対抗可能です。







有料情報お申し込み先

過去のメインレース情報

過去のメインレース結果


2013年の結果


2014年のG1レース結果